自分が好きな異性と恋人の関係になりたいなら別れさせ屋がおすすめ

サイトマップ

パンチ

別れさせ屋を効率よく活用していく手段

不倫

たとえ別れさせ工作が上手くいき、ターゲット対象者が別れるに至っても、今度はそのような事実を情報リークする事をちらつかせてゆすりやたかりなどを行う、悪質な別れさせ屋なども実在をしたりしています。そのような事態に備えて、日頃から弁護士の先生などへ秘密裏に相談をして、対策を練っておくことも必要な事態もあるかもしれません。
このような事態になっている場合には、明らかに民事介入暴力による一例に該当する可能性もありますので、たとえ自分が依頼者であり違法行為への加担をしているようなカタチでも、ゆすりなどを受けている現状が法律上における事件性が認められれば、裁判所による介入も可能です。実は、これを前倒しをしたうえで、事前に依頼の際に依頼者側である自分の方へ弁護士の方を立たせて、そのもとで別れさせ屋への依頼相談をするという方法もあります。
前もってこちら側に弁護士の方がいるというにらみを別れさせ屋に対して抑止効果を与える事から、その分にゆすりやたかりなどをして来ない可能性もありますが、ただ、裁判外紛争処理(ADR)としての弁護士費用が掛かりますので、どうしても経済的に必要経費が高額になってしまうという点が難点といえます。

TOPへ